かずのすけ

かずのすけ先生!美白するならメラノccとケシミンどっち?

投稿日:

かずのすけさんが高く評価する美白化粧品の中で、たぶん一番安いと思えるのがメラノCCです。

ドラッグストアにも置いてあって、税込みで1,000円ちょっとで買えます。

安いのはうれしいのだけど、本当にこんな安物(失礼!)でシミが消えるなんてことある?

というのが私のイメージでした。安すぎて逆に怖いというか…。

でも、かずのすけさんのレビューを見ると、予想以上に高く評価されているんですよね。

また、お手頃価格のシミ対策クリームで有名なケシミンと比較されていて、とても勉強になりました。

ここでは、メラノCCが評価される理由と、注意すべき肌への刺激の問題。そして、ケシミンとどっちが良いのか?について見てみましょう。

かずのすけ高評価!メラノccのシミ効果

メラノccにはビタミンCが配合されています。

ビタミンCは、シミの元となっているメラニン色素に働きかけて薄くすることができるそうです。

このようなビタミンCの働きのことを「還元作用」と言い、その他の美白成分と大きな違いがあります。

例えば、アルブチンやコウジ酸といった美白成分は、メラニン色素の産生に関わるチロシナーゼを抑制する働きを持っています。

つまり、新たにメラニン色素が作られるのを防ぐことはできても、てきてしまったメラニン色素に直接アプローチすることはできないということです。

それに対して、ビタミンCはメラニン色素に働きかけることができるので、濃度次第では、できてしまったシミを薄くする働きも期待できます。

メラノCCにはビタミンCが配合されており、しかも、「活性型ビタミンC」という独自成分が採用されているのが特長です。

この活性型ビタミンCの働きによって、メラノCCにはシミを薄くしてくれる可能性がある、というのがかずのすけさんの見解です。

メラノccが敏感肌に使えない理由

活性型ビタミンCとはどのようなものなのでしょうか。

通常ビタミンCは空気に触れると次第に効力が薄れていきます。そのため、化粧品に配合するときは、「ビタミンC誘導体」という形に加工するのが一般的です。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCの活性を抑えてあります。肌の中に入ったときに、酵素と反応して再びビタミンCの効力を持つように設計されています。

これに対して、活性型ビタミンCは活性を抑えることなく、いわばビタミンCそのものとして化粧品に配合されています。

そのため肌につけた瞬間からビタミンCとしての効果を発揮します。

これが、活性型ビタミンCの「還元作用」の強さの理由なのですが、同時に肌への刺激も強めになります。

かずのすけさんは次のように言っています。

効果と引き換えにとても刺激の強い商品なので、まず敏感肌にはオススメ出来ませんし長期の使用も控えるべきかと思います。

どっちが良い?メラノccとケシミンの比較

シミ対策化粧品の中で、メラノCC同様にリーズナブルな製品がケシミンです。

ケシミンにはビタミンC誘導体が配合されており、ビタミンCの働きによってシミ対策をするところもメラノCCと似ています。

大きくことなる点は、メラノCCが活性型ビタミンCを採用しているのに対して、ケシミンはビタミンC誘導体を採用している点です。

さらに、細かく言うと「アスコルビン酸グルコシド」というビタミンC誘導体を配合しています。

アスコルビン酸グルコシドはビタミンCを安定化させ、肌への刺激もほとんどないという安全な成分ですが、反面、できてしまったメラニンに働きかけるほどの力もありません。

専門家の中には、このグルコシドというタイプは肌に塗ってもビタミンCとして働かないという人もいるくらいです。

かずのすけさんはこんな風に言っています。

このビタミンC誘導体(アスコルビン酸グルコシド)で、できたシミを多少でも消すのは、はっきり言って無理でしょう。

かなり手厳しいですね…。

ただし効果も低い代わりに肌への刺激も小さいので、「長期使用や広範囲使用での肌への負担というのもほとんどないと思います」とも言っていました。

かずのすけさんによるメラノCCとケシミンの比較を整理すると、

  • メラノCC…シミにアプローチできるが、肌への刺激は大きめ。
  • ケシミン…シミを薄くする効果は期待できないが、肌に優しい。

となります。

それにしても、ケシミンが肌への負担がないというのはうれしいのですが、ほとんど効果の期待できないものをわざわざ肌につける理由はあるのでしょうか?

かずのすけさんは露骨に優劣を示すことはしていませんが、内容から判断する限り「メラノCC vs ケシミン」の勝負はメラノCCの圧勝と言ってもよいと思います。

ビタミンCは種類によって効果が変わる!?

かずのすけさんによるメラノCCとケシミンの比較を通じて、ひとつ重要な観点を学ぶことができました。

それは、ビタミンCには活性型ビタミンCやビタミンC誘導体といった種類があるということです。

化粧品を選ぶときは、ただビタミンCが入っているかどうかではなく、「どのタイプのビタミンCが入っているか」を確認することが大切ですね。

ここではメラノCCの活性型ビタミンCと、ケシミンのアスコルビン酸グルコシドを取り上げましたが、ビタミンCには他にも種類があります。

かずのすけさんが美白成分として高く評価しているものに「リン酸LアスコルビルMg」があります。こちらはビタミンC誘導体の中でも少し高価な成分になります。

このリン酸LアスコルビルMgはアスタリフト ホワイトに配合されています。かずのすけさんはアスタリフト ホワイトの美容液「エッセンスインフィルト」を非常に高く評価しています。

メラノCCは1,000円くらいで買える割りには、しっかりとシミに働きかけることができる優れた化粧品でした。

でも中には、安さよりも品質を重視したい、もっと上のグレードの化粧品を試したいという方もいらっしゃるでしょう。

そういう場合は、アスタリフトが有力な候補になります。

アスタリフトの美容液をかずのすけさんが高く評価する理由については、下の記事で詳しく取り上げています。シミやニキビ跡対策に役立つ内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【関連】かずのすけが比較!エッセンスデスティニーとインフィルトの違い

-かずのすけ

Copyright© かずのすけ【アスタリフト成分の要点】ジェリーの毛穴、ハリ効果は? , 2020 All Rights Reserved.